読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンセスFN ヴィンセント感想

後半組2キャラ目、ヴィンセントクリアしました。
あんなにファリス愛してる!だったのにヴィンセント読みだしたら、ヴィンス愛してる!にすぐ変わった私。笑
ミラプリキャラってなんでこう、みんな魅力的なのかなー!

そして今月下旬にゼル本編開始と、ジョゼフBDがあるから、あんまり頑張れないなぁと思いながらも、後半早期アバも欲しいし…と悩み中な私です。
てか下旬にゼル本編とジョゼフBD持ってくるのって酷くないですか!?ダイヤもたない…ひぃぃ!

ゼル本編開始キャンペーンもきっとあるだろうし、私ゼルタイプだし、ジョゼフBDのランキング争い激しいだろうし、ジョゼフBD頑張りたいし!
欲張らず優先順位つけて挑まないと課金地獄に落ちますね。ムムっ


さてさて、イケメンヴィンセント略してイケヴィンのイベントストーリーですが、最初から少し切ないです。

国王が使用人との恋は許さん!ということで、ヴィンス先生とのレッスンはなくなり代わりにシミアンがレッスンをしてくれることに。
プリンセスはヴィンセントと一緒にいられる時間が少なくなってしまいました。

偶然、廊下で出会った2人は、この現状を受け入れるしかない。2人の幸せは繋がっている。離れていても想っている。と短い時間で強い愛を確かめ合います。大人カップル。切なく胸がギュッと締め付けられます。

そんな2人の関係に気づいたのが、クリステンに来ていたクラウス様。
クラウス様〜!
この人ほんと穏やか。癒される。

クラウス様はプリンセスの他国への挨拶回りにヴィンセントも同行させようと国王に進言するけど、なんだかんだあり、結局ヴィンセントだけ先にジバンシアへ行くことに。その後、入れ違いにプリンセスが挨拶回りに行くことになりました。
国王め!どこまで2人を引き裂く気なんだ!

他キャラストーリーでは、他国の国王が邪魔をするけど、ヴィンセントストーリーでは自国国王が邪魔してます。
そして自国だけに手強い!
ヴィンスの恩を逆手にとってる感じがしますねー。

そして、ヴィンセントは先にクラウス様とジバンシアへ行きました。そこでジバンシア国の発展についてクラウス様に助言します。
この2ショット、素敵大人で好きだわーん(//∇//)ははーん

f:id:lapislazuli1203253:20160114134857j:image


その頃、クリステンにいるプリンセスには、新たな伴侶候補が紹介されました。エダーン君。(呼び辛い)
この人、主人公ちゃんの元彼大輝に似てる!てか眼鏡なくして金髪にして目の色変えただけじゃん!笑笑
私この人の顔苦手なんですが…笑
突然の登場に笑ってしまった。

このエダーンを婚約者として他国への挨拶回りに同行させると国王が命令。ヴィンスいないし、どうするのプリンセスちゃん…。
むしろ元彼に似てるからってエダーン君にときめいたりしないよね!?笑

てか、こんな時ほどルカ様が登場しなきゃ!いきなり出てきた呼び辛い名前の貴族に国王の座が取られちゃうよ!
他の伴侶候補達も今の所全く出てきてません。笑

一方、ヴィンセントはクラウス様に、身分のないジバンシアへ2人で来ないかと誘われてました。協力するからと。
そんな事言われたら、心揺らぐよね。宮殿には恩があるけど、プリンセスと一緒にいられるのは難しいし…。悩むヴィンス。

その後、ヴィンスがクリステンに戻り、プリンセスから新たな伴侶候補と婚約させられそうになっていることを聞きました。クリステンで2人の事を認めてもらうには時間が足りません。
2人はジバンシアへ駆け落ちするという苦渋の決断をします。

でも私、ここで思ったのですが、ジバンシアに行くくらいなら主人公の世界に行けばいいのでは?
ヴィンスがクリステンを捨てられないから鏡の世界に戻ったのに、クリステンを捨てるのなら主人公ちゃんの世界に駆け落ちすればいいじゃん!国宝の鏡を盗むのが難しいとか?まぁそこは突っ込んじゃいけない所ですよね。

それで2人は駆け落ちを計画するのですが、宮殿では使用人達の原因不明な体調不良が蔓延。シミアンもフラフラな状態です。(フラフラシミアン可愛い)
ヴィンスがその原因を探り、ある結論に達しました。

それはなんと!あのエダーン君の仕業だったのです。
マジでか、エダーン悪だったのか!

彼は今の国政に不満があり、自分の貴族としての地位を上げるために謀反を起こしてました。
使用人が使う上水路に菌を巻いて宮殿を混乱させたのも彼の仕業。これってテロですよね!?怖っ!!

そして彼は国王にナイフを向けて、自分を貴族のトップにしろと脅します。国王がナイフで刺される!と思った時、ヴィンセントがやってきて国王を庇ってくれました(T_T)イケヴィン〜!!
で、代わりにイケヴィンが切りつけられてしまいました。
プリンセスとヴィンセントは駆け落ちせずに宮殿の危機を救いに戻ってきたんですね。

そんな2人を見て国王は、ヴィンセントは宮殿にとってもプリンセスにとっても大切な存在だと言い、ヴィンセントにプリンセスの他国への挨拶回りに同行するよう伝えます。

2人の仲を認める訳にはいかないけれど、プリンセスの側にヴィンスが居られるよう計らってくれた国王。国王も国王なりに2人の未来を考えてくれるようになるのかな?


さてさて、ジバンシア国へ訪れたヴィンセントとプリンセス。この身分のない国でお待ちかねのベットシーンです(^.^)!

ベットに座り緊張しているプリンセスをみて「そんなあからさまに緊張しないでくれ。俺にも移る」と照れてるヴィンセント。
可愛すぎるやろー!!
そして赤くなってるヴィンセントに萌えまくりの私。

f:id:lapislazuli1203253:20160115131441j:image

スチルも美しいです。あんまりエロさはないかな。でも私の好きな、美しい横顔イケヴィンで、はわーん♡となります(^.^)

エピローグも素敵でした。
ベットの中では、大人で優しくて、独占欲強くて、いっぱいキスしてくれて…普段のスパルタは微塵も感じさせない程に甘々です。ニヤニヤ。
今まで我慢してた分、爆発しちゃったのでしょうか。ニマニマ。

主人公ちゃんにほだされてるイケヴィン素敵だわー。2人で幸せになれるといいね。

さーて、ラストはシミアン!
シミアンのストーリーはどんなかなぁ。
エピローグ含めて楽しみ〜(^o^)
ヴィンス同様、貴族4人は出てこないのかな?
きっとアクアールターンだよね!?
クセのある、あのお方と対峙か…